「春の呪い」ドラマ4話あらすじ感想 春の本心を知った夏美は?

「春の呪い」ドラマ4話あらすじ感想をご紹介します。

夏美は冬吾の想いに気づくが、春のことを裏切れないと自分をいましめる。

そして、春がひそかに投稿していたSNSを見つけ、春の本心を知り悩む夏美。

一方、母親にお見合いさせられる冬吾は…

>>【春の呪い】の内容を無料でフル視聴するならこちら!(2週間無料で見放題)

もくじ

春の呪い 4話のあらすじ

私には選択肢なんてない。

どんなに冬吾さんが優しくても、私に心を向けてくれても、…このままじゃ私は壊れる。

春が大切に思っていた人を私が奪うなんて、ありえない!

帰宅した夏美は、両親に冬吾と合っていることを咎められる。

柊家の奥様が気になっているから、と義母は話すが、

「春が好きだった人を取ったりしようだなんて、思っていない」と啖呵を切る。

夏美は今夜の出来事を思い返し、自分の気持ちが分からなくなる。

「春を裏切ったりしない」と、自分をいましめる。

柊家から「春の次は姉」と言ってきたのに、どうして今になって咎められるのか気になる夏美。

まさか冬吾さんが自分の意思で?

冬吾の気持ちにうっすらと気づく夏美だが…。

冬吾は夏美に「人生の選択肢がいっぱいある」と言われたことを考える。

春のお見舞いに来た時のこと。

夏美と春の会話が聞こえてきて、思わず立ち聞きする冬吾。


冬吾さんと結婚するなら、ある程度の覚悟はしなきゃいけない。

価値観の違いや、お金持ちの御曹司であること、柊家のルールに春が合わさなくてはいけないことを話す夏美。

銀行であった再従兄弟(はとこ)に、相馬の中でも「勝ち組」だと言われる冬吾。

要領を得ない返事に、再従兄弟が「他にやりたい事でもあるのか」と尋ねるが、

冬吾は「いえ」と答える。

再従兄弟は、妹の真由子を連れて、週末に柊家に行くという。

しかし、冬吾は母から何も聞かされておらず…

夏美は、春の思い出といたい、でもこのままだと冬吾を奪うことになるかもしれないと悩む。

スマホで検索すると「姉に彼氏を取られた」という話題がたくさん出てきて、春にもそう思われていると怯える夏美。

画面を見ていると、ある文章が目に留まる。

そこに書かれてあった「財布を落とした」ことが気になり、自分のカレンダーを確認。

その日は、春の診察の日に自分がついていった日だった。

その文章を調べると、投稿が去年の10月で止まっている。

さらにそのSNSを読み進めるうちに、これは春のことだと気づく。

SNSには春の想いがつづられていた。

春の病室で夏美と東吾はよく会っており、その時の2人の空気感が私には立ち入れないものだ。と感じる春。

「春のために頑張ったんだからね」と誰ともなく言い訳をする夏美。

2020夏。まだ病院にいる春。

冬吾が持ってきたラフランスのジュースを話題に、たわいもない会話をする2人。


冬吾の金銭感覚は自分と変わらないという春。

しかし夏美は、冬吾はお金の使い方を知っているという。

冬吾と結婚するなら価値観の違いに気づくけれど、柊家のルールに春が合わせないといけない。

「春はそのくらい、冬吾さんを愛してる?」

「うん」

「冬吾さんは優しいから、春の味方でいてくれるよ」

「変なこと言っちゃったね。春を取られるのが寂しかったの」言い訳じみた独り言をつぶやく。

さらに読み進めると、「私が死んだ後に」という項目を見つける夏美。

私が死んで、お姉ちゃんが冬吾さんに近づいたら、私は間違いなく2人を引き裂く。

どちらかを連れて行かれるものなら、私は迷わず、お姉ちゃんを選ぶ。

お姉ちゃんを地獄に道連れにしてでも、冬吾さんは渡さない。

春の幻影が、夏美を見ている。

「きゃー冬吾かわいい!この冬吾ちゃんいくつ?」

柊家の広いリビングで談笑する、冬吾と母親、再従兄弟と妹の真由子の4人。

真由子が話しかけても、冬吾は気のない返事をするばかりだ。

母親と真由子が、アルバムを探しに席を立つ。

残された再従兄弟は、今日は真由子とお見合いのようなものだ、と冬吾に話す。

再従兄弟と結婚だなんてと驚く冬吾だが、相馬一族では珍しいことではないという。

さらに再従兄弟は、

変な女に付きまとわれているんだってな。おばさんから聞いたぞ。

気をつけろよ。お前は真面目すぎるから付け込まれやすい」

と忠告する。

夏美はあの並木道に来ていた。冬吾と巡った、春との思い出の場所に。

もう冬吾さんには近づかない。だから許して。

心が揺れたことは認める。でも春から冬吾さんを奪ったりしない。できない。

信じて、春。だから私を恨まないで。

やっぱり私、春のところに行こうかな。

うつむいてベンチに座っていると、その前を通り過ぎるカップルがいる。

よく見るとそれは、それは冬吾と見知らぬ女性だった。

呪われた恋に飛び込むなら、奈落の底に、落ちるまで

>>【春の呪い】の内容を無料でフル視聴するならこちら!(2週間無料で見放題)

春の呪い 4話の感想

春の本当の気持ちを、夏美が知ってしまいましたね。

春は姉と冬吾の間に流れる空気を、誰よりも先に知っていたんでしょうね。

冬吾を好きだからこそ、そういう空気感に敏感だったんだろうなと思います。

死んでゆく自分と元気な姉を比べると、そりゃ呪いたくなる気持ちも分からなくもない。

大事な姉がいつしか呪うべき相手になるなんて、切ないなーとも思いました。

夏美が揺れる気持ちも分かりますが、私は冬吾の「妹にしか目を向けない人生でいいのか(3話)」に同意するかな。

これから夏美は、冬吾が大事だと気づいていくのでしょうけれど。

ちょっと今回、夏美が揺れすぎでしたね。

冬吾の好意に気づいているとはいえ、自分がさも奪うかのような物言いはいいんだろうか。

オープニングのモノローグでの「妹の婚約者を好きになってしまった」のような言い回しはまあ分かるのですが、急に「奪う」とか強い言葉が出てくるのでびっくりします。(まだ付き合ってはいないわけだし)

冬吾役工藤さんのお芝居は初見なんですが、ぶっきらぼうで抑圧されている役良いですね。

コミカルな演技も見てみたい。

髙橋ひかるさんはきれいですね。

原作の夏美は元気な役ですが、高橋さんはどちらかというとおしとやかなイメージ。

夏美の激しい部分をもっと出して欲しいのと、たまに滑舌が怪しい。

見終わって気づいたけれど、今回夏美と冬吾の会話がなかった。うーん寂しい。

3話の2人の会話が好きだったので。

なんだかんだ言って、冬吾と夏美はお似合いだと思うので応援しています。

春の呪い 4話の口コミや評判は?

1話の段階ではかなりマイナス意見が多かったですが、それなりに楽しみにしている方もいるようです。

ドラマがきっかけで漫画の販促にもなっているようで、これはこれでいい?

春の呪い 5話(次回)の内容・今後の展開は?

冬吾は春を思う夏美には勝てないと言い、夏美は春を好きだと言ってと冬吾に迫る。

壊れてゆく2人。

そして、冬吾の身に何かが起こる。

春の呪い 4話あらすじ感想 まとめ

春が誰にも知られず書いていたSNSで、彼女の本心が明らかに。

それを知ってしまった夏美と、母親からお見合いをさせられる冬吾。

四面楚歌ですが、打開するすべはあるのでしょうか。

次回も楽しみ。

>>【春の呪い】の内容を無料でフル視聴するならこちら!(2週間無料で見放題)

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる