映画「事故物件 怖い間取り」一番怖いことは私たちにも無関係ではないことである

ホラー大好きな私は早速見てきましたよ。

この映画は、事故物件住みます芸人の松原タニシさんが実際に経験した実話「事故物件談 恐い間取り」をもとに製作されている映画です。

タニシさんのyoutubeは普段から見させていただいており、今回の映画も楽しみにしていました。

さらに監督は、「リング」や「スマホ落とし」で有名な田中監督ですよ。
この2月に「スマホ落とし2」も見てきました(BDも購入済み)

これは予備知識全くなしで見た方が怖面白いです。
個人的にはめっちゃ楽しめましたが、情報を入れないで見てきたのが良かったと思います。

なので見る予定がある方は回れ右をして、ぜひ先に見てきてください。

もくじ

「事故物件 怖い間取り」レビュー

出典:事故物件 怖い間取り 公式ツイッター

売れない芸人ヤマメ(亀梨くん)が、TV番組のコーナーで事故物件に住むことになってそれが当たり、人気が出て、どんどん次の事故物件に住み替えていくという話です。

前半~中盤にかけては本格ホラーですが、後半の後半ぐらいにいきなり、今何を見せられているんだ私は、となること請けあいです。

あのオールスターズが出てきてから吹きそうになったし、更に中井(瀬戸くん)が「ふーっ」ってやりだしたのは最初のコントより面白かった。

なので最初から最後まで完全なホラーではなく、最後は笑えること間違いなしなので、後半までは存分に怖くなり、最後で笑って怖さを吹き飛ばしてほしいというコンセプトなのかもしれません。

と言ってもラストはぞっとするけどね。

一人暮らしの人にはちょっと怖いかも、だって全部実話がもとになってるんだもん。

1件目

1件目は入居して最初の物音が一番怖かった。背後から急に大きい音は怖いよ。
でも「この映画はこう来るか」って身構えたからその後は大丈夫だった。

私が見落としたのかも分からんけど、台所のガラスに映ったのって赤い服の女ですかね。
髪が長かったのは知ってるけど、服黒かったような???
話の前後からすれば女ですよね。

マントの人は、最初に梓(奈緒ちゃん)が自転車置き場で見たのが最初だね。
あそこからヤマメは狙われてたのかな、ヤマメについてきてた感じがする。

不動産の女の人(江口さん)が死んだのはヤマメを救ったから?

初登場で赤い服で出てきたので1件目と関係があるのかと思ってたけど、よく考えたら1件目はTV局の紹介だしね。
ここら辺もう一回見ないと分からないよ。

2件目、3件目

2件目も3件目も普通に怖かった。

だって本当にありえそうだったんだもの。

事故物件の痕跡って怖くないですか。
あれだけ見てもぞっとしますね。絶対住めないよ。

でもつっこませてください。あんなに洗面所に髪があったら清掃の人のミスだと思います。
もしくは霊現象的なことなのかな。

留守電の声がよく聞きとれんかったけど、「こ○○○やる」かな?

しかしヤマメもこんな怖い思いまでして有名になりたいのかなあ。
マントの人に導かれているのでは、とも思ったけど。

ちょいちょい挟む梓とヒミコ(バービー)が癒し。

4件目

4件目はむしろ笑いをこらえた方がいいです。

いや、本当は笑うところではないんだけども、吹いてしまうのは仕方ない。
私はてっきり高田純次が助けに来るのかと思ったわ(それこそギャグになってしまう)

マントの人は何なんでしょうね、色んな霊の集まりっぽい感じ?

笑った後はゾクリとして、ちゃんとホラー映画らしい終わり方です。

梓はどうやら怖い間取りを感じる霊感か何かがあるようですね。
彼女がいればヤマメは平和に暮らせますね。

エンドロールはタニシさんの実際の写真でしょうか、あれが一番怖かったりします。

「事故物件 怖い間取り」のリアルさ

この事故物件の最大の怖さは、一度誰かが住んだ物件には事故物件の告知義務がないということ、さらに最新情報しか載せないということ(過去にも何度かそういう事があった場合は隠している)

このリアルさがさらにこの映画を怖くしていると思います。

実際に事故物件を探したことはないので、全部の不動産さんがそうかは分かりませんが、そういうところもあるのでしょう。
全然他人事じゃないぞ、という警鐘でしょうかね。

ホラー映画は映画館で見よう

ホラー映画は音に一番びっくりしませんか?
右から左から後ろから音がリアルに迫ってきて、マジで1件目は怖かった。

大画面なので目線のはずしどころがなくて、目の前にどーんてくるのが迫力があって怖いです。

ネタバレ無しで初見で見た方が絶対面白いし、非常に怖楽しいですよ。(怖楽しいってなんだ)

コロナで映画館は大変だろうけど、左右が空席ってめちゃくちゃ快適ですね。
私みたいな人混みが苦手な人にとってはあまりにも快適すぎて、映画館に通う頻度が増えました。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ
閉じる