小原四季桜まつり 見ごろはいつ?どこで見られる?駐車場・混雑情報

1年に2回咲くという小原地区の四季桜。

桜と紅葉が一緒に見られる絶景として知られており、たくさんの人が訪れる有名スポットです。

アニメ「シキザクラ」、映画「僕と彼女とラリーと」の聖地としてファンにも注目されています。

見ごろはいつ?

どこで見られる?

駐車場や混雑状況は?

このような疑問について調査しました!

もくじ

小原地区の四季桜の見ごろはいつ?

四季桜の見ごろ

桜の時期:10月下旬~12月上旬

紅葉の時期:11月中旬~12月頃


詳しい開花情報はこちらから(小原観光協会)>

桜の時期が長く、紅葉の時期が短いため、例年通りだと見ごろは11月下旬~12月初旬頃だと予想されます。

小原地区の四季桜の数はなんと10,000本だそうです。

四季桜は一重の白色~淡紅色で、小ぶりの可憐な花が特徴です。

桜と紅葉のコラボレーションはきれいながらも、ちょっと不思議な空間のような気がしますね。

季節が狂ったかのような幻想的で美しい光景だと思います。

秋の空に良く映える彩りも素敵ですね。

四季桜の由来は、1800年中頃までさかのぼります。

小原北町の医者だった藤本玄碩によって、名古屋方面から持ち込まれたそうです。

その珍しい花のつけ方から、いつしか四季桜と呼んで親しまれるようになったとか。

200年以上も前から人々の心を和ませていたんですね。

小原四季桜まつり

開催日:2021年11月13日(土) ~ 2021年12月5日(日)


▼ホームページ:https://www.kankou-obara.toyota.aichi.jp/


▼開催地:〒470-0531 豊田市小原町孫八456(小原ふれあい公園)


▼開催場所:小原ふれあい公園、小原和紙のふるさと、北部生活改善センター、川見四季桜の里


▼アクセス:名鉄豊田市駅より、とよたおいでんバス小原・豊田線 上仁木行き(約1時間)

猿投(さなげ)グリーンロード「中山IC」又は、東海環状自動車道「豊田藤岡IC」より国道419号線を岐阜県瑞浪市方面へ直進15km(約30分)

中央自動車道「瑞浪IC」より国道19号線市原交差点を明智方面へ、途中大川交差点で右折、国道419号線を豊田市方面へ直進約10km(約30分)

▼駐車場:240台

11/13(土)~11/30(火) 1回/1,000円

12/1(水)~12/5(日) 1回/500円

※無料の駐車場もありますが混雑が予想されます。


四季桜くるりんバス(シャトルバス)が無料で利用できます。

小原地区の四季桜はどこで見られる?

主な四季桜の名所はこちらです。

小原ふれあい公園

小原ふれあい公園と、小原支所周辺には約300本もの小原四季桜が植えられています。

広々とした公園で、開放感いっぱいで過ごせそうですね。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる