【女の戦争~バチェラー殺人事件~】 6話(最終回)あらすじ感想 愛の行方

【女の戦争~バチェラー殺人事件~】 6話(最終回)あらすじ感想をご紹介します。

「女の戦争」はこちらから見られます。

もくじ

【女の戦争~バチェラー殺人事件~】6話あらすじ

「私は哲也さんのことを…どうしたらいいですか」

哲也は若菜に「僕が必ず鳴戸グループを変えます」と宣言する。

麗奈が見当たらないとスタッフが探し回っている。

哲也はパーク内で、昔の写真(哲也と整形前の麗奈が映っている)を見ていた麗奈を見つける。

「かおり?…やっぱり君だったのか」

キスした時、麗奈がかおりだと気づいた哲也。

学生の頃付き合っていたが、哲也がニューヨークへ行ったことで分かれたふたり。

かおりはずっと哲也のことが好きだったという。

あなたが必要だからすべてを捨てて生まれ変わって、もう一度出会いたかった、好きになってもらいたかったというかおりだった。

ゲット・ザ・バチェラーも最終回。

いよいよ最後のひとりを選ぶ時が来た。

哲也は自分の花嫁に若菜を選ぶ。

「麗奈を選べ」と命令していた父親の 鳴戸英一郎は気色ばむが、「これは僕の人生です」と自分の意思を示す。

最初は哲也のことも憎んでいた若菜だったが、よく笑い、胸を痛めて自分を見てくれた、と指輪を受け取る。

鳴戸英一郎は麗奈を選ばなかった哲也を責める。

実は若菜の素性が分かっていて、遠ざけようとしていたのだった。

哲也は、若菜のことを幸せにするために新社長を辞退すると父親に告げる。

しかし、鳴戸英一郎は「やってみろ。鳴戸を変えて見せろ」と哲也に鳴戸グループを託す。

哲也は若菜に、「必ず、幸せにする」と約束する。

部屋に戻った麗奈は、果物ナイフで写真をズタズタに切り裂くのだった。

3か月後、哲也と麗奈がパーク内で式を挙げ日が来た。

ぞくぞくと集まる女性たち。

利子は選挙に落選したらしい。

星は番組に出たおかげで業績が持ち直したという。

ウェディングドレスを着た麗奈を訪ねる哲也。

父親も喜んでいるらしい。すべては若菜のおかげだという哲也。

「若菜に出会えてよかった」若菜は微笑んで「ありがとう」と返す。

またあとで、と言い残し哲也が去る。

通路を歩く哲也。

そのあとをつける麗奈。

理恵はすでに飲み過ぎて気分が悪くなっている。

りおと一香は辞退したらしい。2人はビデオレターからも仲良く?しているのが垣間見える。

麗奈はバラ園を歩いていく。

哲也はバラ園で電話で仕事の話をしているようだ。

利子と星は一緒にトイレに行こうとしていたが、星が「ちょっと電話」といい2人は分かれる。

麗奈がポーチを開ける。

理恵は通路でよろけている。

振り向いた哲也が背後にいた誰かに笑顔で答えるが、その瞬間、哲也の腹部にナイフが刺さる。

ちらっと見える白いべール。

哲也を刺したのは若菜だった。

「ごめんなさい。私は鳴戸英一郎を許すつもりはなかったの、最初から、何があっても

哲也が鳴戸英一郎に認められることで、大切なものをなくす辛さを鳴戸英一郎にも味あわせてやれると考えた若菜。

「嘘だったのか、若菜!」

哲也は若菜に問いかけるが、若菜の答えはこうだった。

哲也は素晴らしい人だ、素晴らしければ素晴らしいほど、

「復讐には最高なの」

哲也にキスをしてその場を後にする若菜。

閉じた哲也の瞳から流れる涙。

倒れている哲也を見つけた英一郎は泣き叫ぶ。

復讐を遂げた若菜は橋から身を投げる。

水面にはベールが漂っているだけだった。

【女の戦争~バチェラー殺人事件~】 6話 感想

やっぱり若菜だったかー。

1回目から若菜が怪しいと思ってたけど、途中で他の人が怪しいと思って、ミスリードに引っかかって、1周回ってやっぱり若菜だったんだーって感じ(笑)

麗奈もかなり怪しかったけどね。

てか、麗奈も実はやらかす寸前じゃなかったのかと予想。

若菜が先にやっちゃったからその場から去ったのかもしれないね。

最後の女性陣の中にも麗奈はいなかったしね。

他の女性陣はケロッとしてて、やはり昔からの縁が深いほど良くも悪くも気持ちはつのるのかしらと思いました。

これからの輝かしい結婚生活が待っていると分かってても、父の死は彼女を離さなかったんだろうね。

英一郎を絶望させることが彼女の生きがいだとしたら、それは悲しいことだけど、やっぱり仕方がないのかな。

若菜は哲也を愛していたんですよね。ただそれより復讐心が強かったってことだと解釈しました。

哲也と若菜の指輪をリンクさせることで、なんとなく2人の絆が見えるような。(見えないものを見すぎですかね)

哲也の死に報いるために自分もあとを追ったのだと思いたい。

このまま美しく終わらせたい気がします。

【女の戦争~バチェラー殺人事件~】 6話 口コミ・評判は?

悲しい~悲恋だ~、哲也がいい人すぎるので報われない、などの意見が多いです。

【女の戦争~バチェラー殺人事件~】6話あらすじ感想 まとめ

全6話、30分ドラマながらもなかなかに楽しませていただきました。

犯人探しはもとより、各キャラの個性の強さや演技力で楽しみ、そしてレオマリゾートの景色の美しさが印象に残ったドラマでした。

コロナ禍で田舎の施設を使うのはありだと思います。

レオマのようなところは日本全国にいっぱいありそうですしね。

 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる