青木玲緒樹(あおき れおな)経歴プロフ!水泳の成績を調査

東京五輪・競泳代表の青木玲緒樹選手は、

  • 平泳ぎ100m
  • メドレーリレー(平泳ぎ)

の2つの種目に出場します。

青木玲緒樹選手のプロフィールや経歴、水泳の成績を調査しました。

もくじ

青木玲緒樹(れおな)のプロフィール

名前:青木玲緒樹(あおき れおな)

生年月日:1995年2月24日
出身:東京都板橋区

身長:168㎝
体重:58㎏
血液型:B型

中学校:武蔵野中学校
高校:武蔵野高等学校
大学:東洋大学

所属:ミズノ
専門(S1):平泳ぎ

青木玲緒樹(れおな) 経歴

水泳を始めたのは小学3年生から。

競泳選手としては遅めのスタートになりますが、北島康介氏も通っていた東京スイミングセンターでした。

また、中学の頃から全国大会に出場、平井伯昌コーチの指導を現在も受けています。

有名なスイミングクラブには、速い選手や良いコーチがいます。

またご本人の才能や努力もあり、最高に良い環境で練習できていたのではないかと思います。

武蔵野中学・高校は中高一貫の私立高校。

武蔵野高校水泳部はインターハイ優勝経験を持つ強豪校で、中村克選手・渡部香生子選手も在籍していました。

学校でも水泳に打ち込みやすい環境だと言えますね。

その後、東洋大学へ進学。

東洋大学も水泳部が強く、多くの選手を抱える大学です。

同じく、東京五輪代表選手の萩野公介選手が有名です。

青木玲緒樹選手は、本番では緊張しやすく、技術的なことを習得するのは遅いようです。

「誰々さんが早い」「自分はここがダメだ」「才能がない」などとよく言っていたといいます。

コーチの「自分に期待しろ」という言葉が一番印象に残っているそうで、コーチと14年以上、色々な経験をしてようやく掴んだ五輪切符のようです。

青木選手が、ISL国際水泳リーグに出場したときのことです。

2戦目の100m平泳ぎで、自己ベストにも遠く及ばない結果になってしまった青木選手。

そこで、チームのメンバーが青木選手の泳ぎを分析し、苦手なターンを克服することで、4戦目の50m平泳ぎでは日本記録を更新するという快挙に。

競泳は個人競技ながらも、チームの良さを感じさせるエピソードでした。

青木玲緒樹 水泳の成績

2017ユニバーシアード大会100m平泳ぎ1:07.362位
2018日本選手権100m平泳ぎ1:05.90 ※自己ベスト優勝
2018パンパシフィック100m平泳ぎ1:06.343位
2018アジア大会100m平泳ぎ1:06.452位
2019日本選手権100m平泳ぎ1:07.985位
2019世界水泳(光州)100m平泳ぎ1:06.404位
2020日本選手権100m平泳ぎ1:06.952位
2021ジャパンオープン100m平泳ぎ1:06.98優勝
2021日本選手権100m平泳ぎ1:06.56 五輪確定2位

100m平泳ぎでは2018年の1:05.90が自己ベスト。その後は6秒台が目立ちます。

世界記録は1:04.13、日本記録は01:05.88

下記の青木選手のインタビューのように、五輪では5秒台を目指すことになりそうです。

「タイムだけ言うと全然速くないけど、2番でもいいから代表に入りたいという気持ちがあったので、本当にうれしい」

「やっぱり、5秒台を出さないと話にならないと思う。
19年に代表落ちした時も、平井(伯昌)先生は自分のせいで、と自分を責めたり、自分のせいでごめんといってくれて、それが辛くて、そういうことがないように、代表権を獲得して安心させられたかと思う。
(本番では)平井先生にメダルをかけてあげたい」

出典:スポーツ報知

青木玲緒樹の経歴プロフや水泳の成績について調査 まとめ

青木玲緒樹選手についてまとめます。

  • 中学の頃から全国大会出場の経歴を持つ。
  • 本番では緊張しやすい。
  • コーチと2人3脚で14年以上歩んできた。

日本女子平泳ぎでは、渡辺選手に続いてのトップ選手である青木選手。

五輪では力を発揮できるよう、応援しています。

メドレーリレーでも活躍を期待しています!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる