寺村美穂の経歴プロフ!かわいいインスタ画像や水泳の成績を調査

寺村美穂

競泳女子200m個人メドレーで優勝し、五輪代表に内定した寺村美穂選手。

かわいいスイマーとして知られている寺村美穂選手のインスタ画像などをご紹介します。

選手のプロフィールや経歴、水泳の成績についてもチェックしていきましょう。

もくじ

寺村美穂のプロフィール

名前:寺村美穂(てらむら みほ)
生年月日:1994年9月27日
出身:千葉県流山市

身長:166㎝
体重:53㎏
血液型:A型

中学校:流山市立東部中学校
高校:千葉商科大学付属高等学校
大学:日本大学文理学部

所属:セントラルスポーツ

専門(S1):個人メドレー、平泳ぎ

日本大学には池江璃花子、小堀倭加、小堀勇氣などのトップスイマーたちが在学、卒業しています。

寺村美穂 経歴

寺村美穂選手と水泳との出会いは、お姉さんが水泳をしていた影響だそうです。

平泳ぎを専門に泳いでいたそうですが、中三の夏前、ひざを痛め個人メドレーへ転向。

このような状態にもかかわらず、3年の全中(全国中学校)では、200m個人メドレーで優勝を飾っています。

転向して数か月もしないうちに優勝するレベルなので、どの泳ぎもかなり早かったのでしょうね。

オリンピックに出るレベルの選手って、生まれ持った能力が高いんだなあとつくづく思います。

なお、平泳ぎはひざの負担が大きいため、普段の練習は自由形がメインとなります。

得意種目が平泳ぎの選手でも、全体の2~3割程度の練習量となるようです。

2010年、千葉商科大学付属高校へ入学。

2011年(高2)
インターハイ(全国高校総体)
200m個人メドレー 優勝

2012年(高3)、ロンドンオリンピック代表を逃したことで、他の大会の出場もとりやめ、痛めていた右ひざの手術をし、リハビリに専念します。

2013年、日本大学へ入学。

2013年

日本選手権
200m個人メドレー 2位 ※世界水泳代表内定

世界水泳
200m個人メドレー 14位

2014年

アジア大会
200m個人メドレー 3位

2015年、再び右ひざの手術とリハビリをし、来年のレースに備えます。

2016年

日本選手権 
200m個人メドレー 優勝 ※リオ五輪代表内定

リオ五輪
200m個人メドレー 9位

2017年以降も200m個人メドレーに出場し、上位入賞しています。

平泳ぎのレースにも出場しており、こちらも上位入賞を果たしています。

ひざの手術が成功したのだと思われます。

2017年

ユニバーシアード
200m個人メドレー  4位

2018年

日本選手権
200m個人メドレー  2位
50m平泳ぎ  2位

寺村美穂 かわいいインスタ画像

寺村美穂 近年の水泳の成績

2018年8月パンパシフィック2018200m個人メドレー2:09.863位
2019年4月第95回日本選手権200m個人メドレー2:11.584位
2020年12月第96回日本選手権200m個人メドレー2:11.12優勝
2021年2月ジャパンオープン200m個人メドレー2:11.603位
100m平泳ぎ1:08.234位
2021年4月日本選手権 五輪代表選考会200m個人メドレー2:09.55 内定優勝

五輪代表になれなければ今回の大会で「おわりだと思っていた」という、寺村美穂選手。

東京五輪代表内定に「ほっとした」といいます。

レース内容も素晴らしく、バタフライ・背泳ぎとトップの大橋選手についていき、平泳ぎで距離を詰め、最後の自由形後半で抜きました。

「リオ五輪以降、このためだけにがんばってきた」粘りが実を結び、しっかり結果に表れたのだと思います。

五輪への意気込みあふれる、寺村美穂選手のコメントはこちら。

「あと3カ月、ガッツリと練習に取り組んでいって、本番では大橋選手と一緒に表彰台に乗れるようにしたい」

産経新聞

寺村美穂の経歴プロフや水泳の成績について調査 まとめ

寺村美穂選手についてまとめます。

  • 平泳ぎから個人メドレーに転向後、数か月で全中優勝
  • 世界大会にも多く出場、上位争いに食い込む。
  • 2度のひざの手術を乗り越え、2回目のオリンピック出場を勝ち取る

水泳はケガをしないスポーツと言われていますが、競泳選手ともなれば痛めることも多々あると思います。

2度の手術を乗り越えて復活した寺村美穂選手。

東京五輪ではきっといいレースを見せてくれることでしょう。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる