高橋航太郎(水泳)経歴プロフ!身長や大学は?水泳の成績を調査

五輪代表を決める日本選手権の3日目、代表選手が続々と決まっています。

男子200m自由形の高橋航太郎選手もその一人です。

個人での代表はかなわなかったものの、男子800mリレーの派遣標準記録を突破し、見事にオリンピックの切符をつかみました。

遅咲きといわれる高橋航太郎選手のプロフィールや経歴、大学などについて調査しました。

もくじ

高橋航太郎のプロフィール 身長は?

名前:高橋航太郎(たかはし こうたろう)
生年月日:1994年3月15日
出身:静岡県静岡市

身長:184㎝
体重:73㎏

小学校:
中学校:静岡市立清水第六中学校
高校:静岡県立静岡東高校
大学:鹿屋体育大学
所属:自衛隊

専門(S1):自由形

長身イケメンで持てる要素しかない高橋航太郎選手。

現在は自衛隊体育学校の所属となっています。

高橋航太郎 経歴

水泳を始めたきっかけは、お父さんが競泳をされていたからだそうです。

幼稚園の頃より水泳をしていたそうですが、小学校の時の記録は確認できませんでした。

スポーツライフアケアクラブに所属していたことは確認できましたので、水泳はずっと続けているようです。

中学校の県大会からちらほら名前を見かけるように。

中・高校の頃は200m、400m個人メドレーを得意種目として泳いでいたようです。

レース結果を見たところ、県大会でも決勝に残る程度のタイムで、そこまで突出したものは見られません。

静岡県立静岡東高校は進学校ですので、勉強と水泳で大変だったと思います。

鹿屋体育大学

大学でしっかり水泳をすることに決めた進学先は、鹿屋体育大学(かのやたいいくだいがく)。

鹿児島県にある国立の体育大学です。

競泳選手も輩出しており、柴田亜衣さんや、松田丈志さんが有名です。

大学に入って1年の頃はぱっとしない成績でしたが、2年から全国ランキングが少しずつ上っていきます。

3年になりさらにタイムが伸び、日本選手権などの全国大会にも出場するようになります。

個人メドレーだけではなく、200m自由形のレースにも出るように。

しかし、地方では上位にいたものの、全国での順位はあまり振るわず。

これが全国では無名、と言われるゆえんなのです。

自衛隊体育学校

2016年、大学を卒業した高橋航太郎選手は自衛隊体育学校に入隊します。

自衛隊体育学校は、自衛隊の一部ではあるのですがアスリートのための学校でもあり、世界トップクラスのトレーニング環境を有しています。

こんないい環境の学校に来た高橋航太郎選手ですが、これまでの水泳の成績は認められませんでした。

訓練免除とはならず、最初の半年間は厳しい訓練を受けることになったのです。

その間にあった日本選手権に出ることもできず、同期の江原騎士選手のリオオリンピック出場を、悔しい思いをして見ていたそうです。

しかし、その悔しさをバネに練習を積み種目を変え、2019年、25歳の時に世界水泳の代表入りを果たします。

そして今回の日本選手権では、なんと江原騎士選手と競り勝ち、代表入りを手にしました。

27歳で初のオリンピック代表に。

今まで泳ぎ込んだ成果が結果に表れた瞬間だと思います。

高橋航太郎選手のコメントはこちら。

「水泳人生最後だと思って泳いだ。出場を決められて良かった」
「若手の選手(決勝で上位の三選手)に連れて行ってもらう形になるが、本番では自分が引っ張っていけるようなタイムで頑張りたい」

中日新聞

高橋航太郎 水泳の成績

2020年12月第96回日本選手権100m自由形50.0410位
200m自由形1:48.372位
2021年2月ジャパンオープン2020100m自由形50.2120位
200m自由形1:49.6411位
2021年4月日本選手権兼東京五輪代表選考会200m自由形1:47.934位

800mリレー代表入りの条件は、上位4人の合計タイムがリレー派遣標準記録(7:08.31)を突破すること。

上位4人の合計が7:07.75と上回ったため、代表が確定しました。

また、高橋航太郎選手は200m自由形の自己ベストを出しています。

2020年の日本選手権でも2位になっており、実力は充分あります。

100m・200m自由形は競泳の花形種目でライバルも多く、少しの差でタイムが大きく変動します。

今年のジャパンオープンではタイムを落としていましたが、うまくコンディションをレースに合わせられたようで良かったです!

【まとめ】高橋航太郎の経歴プロフや兄弟、水泳の成績について調査

高橋航太郎選手についてまとめます。

  • 大学時代までは無名の選手
  • 自衛隊体育学校では訓練免除されず、2016年は五輪選考会にも出られず
  • 悔しさをバネに、27歳の遅咲きで見事オリンピック代表に!

最後の選手生命をかけて挑んだレースで、見事五輪切符をつかんだ高橋航太郎選手。

不屈の精神とたゆまぬ努力が、ようやく実を結んだのだと思います。

晴れの舞台での活躍を期待しております!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる