長谷川涼香のプロフィール!身長や高校・大学は?父親についても調査

長谷川涼香  バタフライ

東京五輪のメダル候補である、競泳バタフライの長谷川涼香選手。

長谷川涼香選手のプロフィールや、身長、出身高校についてご紹介します。

また、父親についての話題が多かったので調査してみました。

もくじ

長谷川涼香のプロフィール 身長や高校は?

出典:長谷川涼香インスタグラム

名前:長谷川涼香(はせがわ すずか)
生年月日:2000/1/25
出身:東京都北区
身長:166㎝
体重:56㎏
血液型:B
中学校:北区立田端中学校
高校:淑徳巣鴨高校
大学:日本大学スポーツ科学部
所属:東京ドーム
専門(S1):バタフライ

淑徳巣鴨高校は浄土宗の私立高校です。

水泳部は2007年(男子)、2010年(女子)にインターハイ総合優勝を達成しています。

長谷川涼香選手の1学年下には池江璃花子選手がいます。

淑徳巣鴨高校のスポーツ高成績は主にこの2人に占められていますよ。

長谷川涼香 父親は?

長谷川涼香選手の話題によく出てくる父親というキーワードですが、なんと!お父さんは水泳のコーチなのです。

このお父さん、かなり厳しいようで…

長谷川涼香選手が0歳で浴槽に投げ込み、2歳前にはプールに飛び込んでいたそうです。

5歳ごろには4泳法全てをマスター、小学6年春のジュニアオリンピックでは100mバタフライで優勝しています。

これもお父さんのスパルタ指導の賜物?

長谷川涼香選手のお母さんも元競泳選手だそうで、競泳を極めるにはいい家庭環境ですよね。

ちなみに、長谷川涼香選手の「すずか」は、競馬が大好きなお父さんが「サイレンススズカ」からもらった名前だそうです。

競泳オリンピック選手の「千葉すず」さんからとったという話もあります。

一度離れたお父さんの指導を、高校卒業後に再び受けることに。

お父さんがコーチになりタイムが向上。

データを取ったり泳ぎを改良し、2人3脚で東京オリンピックを目指しています。

長谷川涼香選手のお父さんに対するコメントは、反抗期について「反抗できない」「普通に怖い」です。

※2021年4月頃のコメントでは仲良くしているそうですよ。

長谷川涼香 水泳の成績 歴代2位の記録保持者

2019年9月第74回国民体育大会100mバタフライ58秒552位
2020年8月東京都特別大会シニアの部200mバタフライ2分5秒62優勝
2020年12月第96回日本選手権100mバタフライ58秒742位
200mバタフライ2分8秒31優勝
2021年1月KOSUKE KITAJIMA CUP 2021100mバタフライ58秒55優勝
200mバタフライ2分9秒122位
2021年2月ジャパンオープン100mバタフライ58分682位
200mバタフライ2分8秒802位
2021年4月日本選手権 五輪代表選考会200mバタフライ2分7秒24 内定優勝

2019年8月に行われた東京都特別大会では2分5秒62という歴代2位の記録を叩き出しています!

2020年11月に行われたISL(国際水泳リーグ)にも参加、5戦全勝という素晴らしい成績も収めています。

2020年度全国水泳ランキング100m、200mバタフライでもトップ。

2021年に入ってからは少し伸び悩んでいるようですが、去年の夏のような成績が出ればメダルも夢ではありません。

2021年4月3~10日に開催される日本選手権決勝が五輪選考会となります。

日本水泳連盟が定める派遣記録を突破、かつ2位以内に入ると五輪代表に選ばれます。

女子100mバタフライの派遣標準記録は57秒10。

女子200mバタフライの派遣標準記録は2分8秒43。

【追記】

200mバタフライで派遣標準記録を突破しオリンピックの切符を手にしました!

最初からガンガン行く攻めのスタイルでレースを引っ張り、そのまま最後までいけたのが素晴らしかったです!

スタミナやパワー面をかなり強化されたのではないでしょうか。

長谷川涼香選手のコメントはこちら。

「この1年でここまで復活するのは璃花子の努力でしかない。
気持ちの強さ、努力に本当に感動した。
璃花子が(代表入りを)決めたので、自分も頑張らないと思って頑張りましたし、また五輪に行けるのはすごくうれしい」

日刊スポーツ

長谷川涼香のかわいい素顔

長谷川涼香選手のインスタグラムは今どきの女の子らしい、スイーツや女子会での写真もあります。

嵐のファンで、櫻井翔さんをお祝いするコメントも!

【まとめ】長谷川涼香のプロフィール!身長や高校は?父親についても調査

長谷川涼香選手についてまとめていきます。

  • スパルタ父のもとで水泳に励む
  • 淑徳巣鴨高校出身で、後輩に池江璃花子選手がいる
  • 4年ぶりの自己ベスト バタフライ200mの2分5秒62は歴代2位の記録!

長谷川涼香選手はこれからの活躍に期待の選手です。

お父さんと共に歩むオリンピック、頑張ってほしいものですね。

まだまだ爆発力を抱えた若手スイマーにぜひ注目してみてください!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる