仮面ライダーリバイス34話あらすじ感想 悪魔のささやき

仮面ライダーリバイス34話あらすじ感想をご紹介します。

ベイルの悪魔のささやき

赤石長官強襲作戦

赤石長官の秘密

もくじ

仮面ライダーリバイス34話のあらすじ

赤石長官と戦った大二は、彼がギフの力を有していると確信する。

また、赤石長官が朱美を捕まえて何をするか気になる狩崎だった。

大二は、フェニックスをあるべき姿に戻したい、と一輝に協力を依頼する。

ショッピングと食べ歩きを楽しむさくらと花を護衛する、光と玉置。

街頭ディスプレイに赤石長官が映し出され、「平和を破壊する脅威が迫っている」と語る。

大二と一輝は真澄に救いを求め、ウィークエンドは彼らに協力することを承諾する。

明日までに朱美を救わなければならないと焦る大二。

幸美の護衛をしているバイスのもとに、ベイルが現れる。

もっと悪魔らしく気ままに生きろ、悪魔はいずれ人間に捨てられるというベイル。

その言葉に動揺したバイスは、戦いのさなかも上の空だ。

ベイルのささやきでバイスがためらい、劣勢のまま戦いが終わってしまう。

不信感を抱く一輝を察し、バイスは彼にすり寄るが…

焦る大二をなだめ、3人で赤石長官を倒そうという一輝とさくら。

一方、赤石長官を強襲する作戦に参加させてもらえない光はもどかしく思うが、花はさくらを信じようと言う。

狩崎はデモンズドライバーを改良・量産できると赤石長官に報告する。

それは大二らの作戦だったが、赤石長官に見破られていた。

赤石はギフの姿を映し、自分は数千年前に文明の王であり、ギフに人類の未来を選択せよと命令された。

ギフに抗うか、ギフのしもべとなるか。

そして赤石はギフのしもべとなることを選択したのだった。

一輝はそんなことはさせないと怒る。

大二はホーリーライブに変身するが、赤石の手のひらの目玉からの波動を受け、変身解除してしまう。

リバイスとジャンヌも変身し戦うが、ギフテリアンやベイルの出現で戦況は悪くなっていく。

朱美はギフの力でギフデモスに変化させられてしまう。

傷ついた大二を襲うギフデモスに…?

仮面ライダーリバイス34話 感想

今話はかなり話が動きました。

赤石長官との対決もいよいよではないでしょうか(後にはまだギフも控えていますしね)

正義感の強い大二が、フェニックスを元に戻したい一心でムキになる場面も。

そういえば、デモンズドライバーを前に「僕が変身しましょうか?」みたいなことを言っていた狩崎。

彼はつかみどころのない性格だし、いまだによく分からない人物のひとり。

変身したことあるけれどライダーなの?どうなの?気になりますね。

一方、こんな大事な時にベイルに翻弄されるバイス。

もとが親子だからって!とバイスがベイルに掴みかかりますが、とても似ているのでまるで親子喧嘩のような様相に。

ビジュアルは可愛い2人。スーツのデザイン大好きです。

放送開始時からひそかに期待していた光くん(奥智哉くん)。

ですが、さくらの護衛と言いつつ、力は彼女の足元にも及ばないようで…

ドライバーを欲しがっていましたが、彼が活躍することはあるのかな?

ぜひ活躍してほしいですね。

 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる