仮面ライダーリバイス33話あらすじ感想 さくらの覚悟が花ひらく

仮面ライダーリバイス33話あらすじ感想をご紹介します。

赤石長官の強さの秘密

ベイルの要求

さくらとアギレラの最後の対決

もくじ

仮面ライダーリバイス33話のあらすじ

リバイスの必殺技からアギレラをかばったさくら。

さくらは、「私があなたを倒す」とアギレラに宣言するが、アギレラは無言で立ち去る。

赤石長官はギフと契約し不朽不滅の存在となり、人類の存在を監視する役割を与えられたという。

そして、ギフスタンプで呼び出したベイルを強化していく。

驚愕の表情で事のなりゆきを見つめる朱美だった。

ラブコフが反応しなくなった。

バイスはさくらに頼まれてラブコフの様子を見にさくらの内部へ。

ラブコフの部屋には「はいるな」と怒りの張り紙が。

ラブリーな部屋に入ったバイスは、ラブコフに頭突きで部屋を追い出される。

大二はいなくなった朱美を探していた。

赤石長官が怪しいとにらみ、彼を尋問したいと狩崎に話す。

バイス曰く、ラブコフは今のさくらではダメだという。

デッドマンズ以外の思い出を作って欲しいと考えた玉置だったが、彼ではダメだったようだ。

それを聞いたさくらはアギレラのもとへ。

さくらは「あなたの願いを叶える代わりに私と遊んで」と、アギレラに交換条件を持ち掛ける。

遊園地で遊ぶ2人を見守る、一輝と玉置の前にベイルが現れた。

赤石長官の下で朱美を見つけた大二。

ギフの居場所を問いただすと、赤石長官は「知ってるよ、仲良しだからな」と気味の悪い笑い声を上げる。

大二は赤石長官に戦いを挑むが、あっさりと倒されてしまい、朱美を連れて行かれる。

バイスは、ベイルが自分とそっくりなことに驚く。

一輝はリバイスに変身しベイルと戦うが、すべて同じ技で返されてしまう。

元太が隠れている限り、家族が犠牲になるというベイルだった。

楽しく遊んださくらは、直ったリベラドライバーを光から渡される。

覚悟ができたさくらのもとにラブコフが帰ってきて、アギレラとの最後の戦いが始まった。

狩崎から受け取ったハシビロコウバイスタンプを使い、有利に立つジャンヌ。

「たとえギフの力でも、誰かを救えるなら私は戦う」

さくらの覚悟が、アギレラを悪魔と分離させることに成功する。

ハシビロコウバイスタンプで悪魔と分離できる「鎌」の作成を、狩崎に頼んでいたさくらだった。

「私には居場所がない」と泣くアギレラを抱きしめ、「居場所はここにある、花」と元の名前を呼ぶさくらだった。

仲良くしあわせ湯に浸かるの2人だった。

そして、花はウィークエンドへ迎えられる。

仮面ライダーリバイス33話 感想

アギレラが人間に戻れるだろうなと思ってましたが、こういうやり方とはね。

アギレラが信用しているさくらでないとダメなんだね。

そして、さくら自身がギフの力を使う覚悟が必要ということでした。

アギレラは「花」という名前だったようで、めちゃかわいい。

しかもウィークエンドに参加しそうで、あのかわいい制服姿がいずれ見られるのか?ワクワクしますね!

悪魔を分離するのが鎌なんだけどこれがかっこいい。悪魔っぽくて。

狩崎もいい仕事するなぁ。自分では無理だからと息子に頼む真澄もいい人だ。

ラブコフとバイスの会話がいつもながらかわいい。

バイスがタジタジでラブコフ優位なのが面白い。

ベイルの実体化をしっかり拝見しましたが、本当にバイスと似てる!

元(元太と一輝)が親子だから?ほかにも理由があるかもですね。

ベイルは姿もだけど、声もカッコいいからもっとしゃべって欲しいなぁ。

 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる