仮面ライダーリバイス31話あらすじ感想 バイスと交わした契約の代償

仮面ライダーリバイス31話あらすじ感想をご紹介します。

声優さんご本人登場第2弾!

バイスと交わした契約の代償とは

もくじ

仮面ライダーリバイス31話のあらすじ

一輝が幻想に入ってしまったのは、ラフレシアデッドマンと戦ったとき、その毒が体内に入ったからだと大二たちは推測する。

ジーコが犯人ではないと否定する木村昴だったが、大二はジーコを調べることに。

一輝の幻想の中では、ジーコと一輝がサッカーグラウンドで仲良くストレッチをしている。

過去の2人を見ながら、だんだん思い出す一輝。

2人には大きな夢があったが、練習中の一輝のプレイミスでジーコに大怪我をさせてしまったのだった。

さくらに近づこうとするアギレラを警戒する光。

しかしアギレラは「さくらちゃんに私の願いを叶えてもらう」と語る。

赤石長官は、出現したデッドマン殲滅をフェニックス隊員に命じる。

隊員たちが去った後、傍らのベイルに話しかける。

通りがかった朱美は、赤石長官が一人で話しているように見えたのだった。

一輝はジーコに謝罪し、ジーコは俺の分まで頑張れと一輝を励ます。

一輝はプロになることを誓うのだった。

病室に一人残されたジーコは、悔し涙を流す。

ラフレシアデッドマンと戦っていたジャンヌも幻想に囚われる。

そして、ジーコの自宅を訪ねた大二は彼が倒れているのを見て、ジーコも被害者だと確信する。

ジーコの夢を背負い練習する一輝だったが、そのプレッシャーに負け、サッカーをやめたのだった。

一輝はなぜこんな大事なことを忘れてたんだと自分を責める。

記憶が消えていたのは、何もかも忘れたいと願った自分のせいだと。

ジャンヌのもとに駆け付けた大二はホーリーライブに変身し、ラフレシアデッドマンに立ち向かう。

何もかも思い出した一輝は、ジーコに心の底から謝る。

ジーコも自分の言葉が一輝を縛り付けていたことを謝り、2人は和解する。

幻想から目覚めた一輝は、木村がラフレシアデッドマンを生み出した犯人だと見破る。

ジーコが大けがをしたときにコーチをしていたのは木村で、若い2人の芽をつぶしたことを後悔していた。

過去の記憶を掘り起こせるバイスタンプ(ラフレシア)で、何も覚えていない一輝の記憶を呼び戻そうとしたのだという。

木村は、暴走するラフレシアデッドマンを止めてほしいと一輝に頼む。

リバイスはホーリーライブとともに、ラフレシアデッドマンを撃破する。

一方、木村の代役を務めたジーコは先輩声優の堀川りょうと伊藤美来から褒められる。

一輝は家族写真から自分だけが消えていることに気づく。

バイスは、「契約をしたときから、俺が力を貸した代償として記憶が消えていく」と話すのだった。

このまま戦い続けると、大好きな家族の記憶が消える…

仮面ライダーリバイス31話 感想

なんと!家族写真から一輝が消えている謎が判明しました。

写真から一輝が消える=記憶が消える=一輝にとって家族はいないのと同じ、ということでしょうか。

バイスと一緒にいる以上、変身する以上、それは免れないわけで…

でも、バイスは一輝の記憶を全部持っているよね。

きっと抜け道があるに違いないと信じています。

赤石長官とベイルが仲良し。

そして、ベイルの姿は他人には見えない…バイスと同じやつ!

と言うことはもしかして、ベイルは赤石長官の悪魔?

いやいやベイルは元太の悪魔だったのでは?

この辺もはっきりしないなぁ。

アギレラの衣装は全身黒でとてもかわいかった。

髪型やメイクもこっちのが好きかも。

今話の声優さんは堀川りょうさんと伊藤美来さん。

アフレコ風景での出演でしたが、うまっ!すご!って思いました。

こういうコラボは新鮮で楽しかったので、また他の界隈の方の出演があればいいなと思います。

 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる