仮面ライダーリバイス29話あらすじ感想 五十嵐兄弟の別離と新たな戦い

仮面ライダーリバイス29話あらすじ感想をご紹介します。

ヒロミが記憶を失いながらも生きていた

ヒロミの記憶を取り戻すための思い出ムービーを作ることに

五十嵐兄弟の別離と新たな戦い

もくじ

仮面ライダーリバイス29話のあらすじ

行方不明になっていたヒロミが発見された。

一輝と大二はヒロミの実家を訪れるが、ヒロミは記憶を失っていた。

狩崎は思い出ムービーを作り、ヒロミの記憶を取り戻そうと五十嵐兄弟に提案する。

早速撮影が開始されるが、慣れないことにダメ出しを食らいまくる一輝たちだった。

翌朝撮影が終了したが、その次は編集が待っていた。

さらに翌朝になったが作業は続く。みんなへとへとになっている。

一輝の代わりに編集したバイスの動画を見ると、「仮面ライダーバイス」(バイスのプロモーション動画)になっていた。

「もっと俺たちの活躍を増やせ」と騒ぐ五十嵐兄弟。

一輝が間違えて編集データを消し(データは復旧できた)一輝は正座させられる。

大二とさくらが作った動画は、「わが命をかけて」というタイトルで、デモンズドライバーの秘密やフェニックスの裏に迫るものだった。

狩崎はデモンズドライバーをヒロミに使用させたのは、最強の仮面ライダーを作るだけの実験だけではなく、赤石長官の命令でもあったと弁解する。

赤石長官はデモンズドライバーに棲むベイルの力を利用しようと考えていた。

狩崎はヒロミへの贖罪のためにも力を貸してほしい、とさくらたちに頼む。

作成している動画はフェニックスのものであり、「流出はさせないように」と狩崎が言ったそばから、バイスが動画をアップしてしまう。

バイスも一輝と並んで反省させられる。

狩崎が編集した動画は、ヒロミが不在の時のものだ。

狩崎式エクササイズとともに、仮面ライダーの軌跡を紹介したものだった。

赤石長官は、オルテカを失った代わりに替わりがもういる、と大二を狙っている様子。

デッドマンズはギフ復活のための手段でしかないと、邪悪な笑みを浮かべる。

「アギレラ様がどこにもいない!」玉置が泣きながらしあわせ湯にやってきた。

アギレラアギレラうるさいため、一輝・バイスとともに正座させられる玉置だった。

新しいギフテリアンが出現し、一輝とバイスは撃破する。

まだ新たなギフテリアンがいる(ギフスタンプが残っている)ことを疑問に思う一輝たちだった。

それぞれに編集した動画を合わせ、ヒロミのための思い出ムービーは無事完成する。

さくらはウィークエンドへ、大二はフェニックスへ、一輝はしあわせ湯で、場所は違えどそれぞれの戦いをすることを誓い合う。

しかし、しあわせ湯に飾っている五十嵐家族の写真から一輝が消えていた…

ギフが復活し、赤石長官は人類を「退化」へと導こうとしている。

仮面ライダーリバイス29話 感想

今話は、ヒロミの生存確認と、これまでの簡単なまとめ、そして五十嵐兄弟が別離し、新たな戦いに身を投じようとするまでが描かれました。

動画がどれも見ごたえがあってよかった。

バイスの動画はひたすらポップ。

俺すごいから見て!と自己主張の強いバイスがかわいすぎる。

大二とさくらの動画はシリアスで本格的。

ちょっとサスペンス風味なのもいい。

狩崎の動画は面白いけれど、決めるところはキメている感じ。

これ3本見たら、確かにリバイスのまとめ動画だわ、と感心しました。

玉置がアギレラのことを心配していて、それを雑に受け止めるさくらたちがいて、いい仲間たちだと思いました。

人間に戻った玉置がどのようにアギレラを救うのかも、見どころになってくると思います。

赤石長官にロックオンされている大二。怖いんだけど(笑)

大二もフェニックスの秘密を探ろうとしているし、今後、赤石長官との対決が期待されます。

そして一輝。写真から消えるということは…?

一難去ってまた一難。不穏な空気が忍び寄ってきていますね。

ギフは復活し、ヒロミは生存が確認され、兄弟はそれぞれの自分の場所で戦い、物語も中盤を超え、これからの展開にますます目が離せなくなりそうです。

そうそう、ちょこちょこ現れるラブコフがかわいい。

仮面ライダーリバイス 今回使用したアイテム

 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる