仮面ライダーリバイス28話あらすじ感想 バイスを守ると決めた心

仮面ライダーリバイス28話あらすじ感想をご紹介します。

バイスを守ると決めた心

オルテカの最期

ギフの復活

もくじ

仮面ライダーリバイス28話のあらすじ

ギフの鼓動に反応し暴走するジャックリバイス。

狩崎は、「大二とカゲロウ」より「一輝とバイス」の一心同体感が高いと予測し、どちらかが消滅することなく一輝とバイス両方が生き残ることに掛ける。

そして狩崎は自らデモンズに変身し、3人で力を合わせてジャックリバイスを制圧することに成功。

そしてホーリーライブが、試作品のサンダーゲイルバイスタンプをジャックリバイスに押す。

ジャックリバイスは放電してそのまま倒れこみ、その内では一輝が目覚めていた。

一輝が訪れたしあわせ湯では奇怪な空間と化しており、家族は奇妙な行動をとり、デッドマンが湯に浸かっている。

ギフの棺に近づいたアギレラだったが、ギフに拒否されてしまう。

フェイズ3となったアギレラは、ギフの「器」にもなれなくなっていた。

オルテカは自分がギフの器になると言い放ち、デッドマンに変身する。

ホーリー・ジャンヌ・デモンズはオルテカを迎え撃つ。

一輝はゲイル(元太)と出会う。

ゲイルは「みんな悪魔の遺伝子を持っており、あきらめたほうがいい。楽しく生きようぜ」と一輝をそそのかす。

しかし一輝はそれを拒否する。

失意のアギレラを優しく包んだのは玉置(フリオ)だった。

オルテカの攻撃に変身解除してしまう3人。

一輝とうりふたつの顔を持ったバイスが一輝を襲う!

自分に襲われることはこんなに怖いことなのか、と驚く一輝。

しかし、小さいころから守ってくれていたバイスを思い出し、ありがとうと感謝する。

そして、これからは俺がきみを守ると言い、バイスを斬りつける。

倒れていたジャックリバイスが立ち上がり、サンダーゲイルバイスタンプをセット、とうとうリバイスが戻ってきた。

リバイスはデッドマンに変身したオルテカを撃破。

オルテカはギフに取り込まれてしまう。

そしてギフは棺を壊し復活。どこかへ飛び去るのだった。

一輝とバイスは無事分離し、元に戻ることができた。

アギレラはさくらの呼びかけにも答えず、失意のままどこかへ立ち去る。

一方、元太は記憶が戻り苦しむ。

そして家族のもとから一時的に姿を隠す、と手紙を書く。

狩崎は父の真澄と対面するが、一緒にギフを倒そうという真澄の呼びかけを無視して立ち去る。

仮面ライダーリバイス28話 感想

狩崎のデモンズはインテリっぽい、クレバーなイメージ。

デモンズは主が変わるたびに動きが変わって面白い。

声も主が当てるので、よけい変わった印象が強く感じます。

こういう楽しみ方もあるのね、と思いました。

ようやく一輝とバイスが帰ってきました。

一輝の世界のバイスは、一輝の顔をしているのだけど(バイスが仮面をとっている状態)めちゃかっこいい。

髪の色が違う?暗めのシーンなので分かりにくいですが、かっこいいことだけは分かった(笑)

バイスを信じ守ると決めた心に迷いはなく、一輝らしくてとてもよかった。

新しいリバイスですが、装飾がいっぱいついてて色も3色になりごちゃついたかんじ。

ジャックリバイスの特徴だった、とげとげも残ってます。

さくらがかなり強いです。

最初のころの強さとはまた違って、信念を持っているように見えます。

ウィークエンド加入も決定したし、兄たちと敵対しなければいいのだけど(とても不穏です)

アギレラがかわいそうだけどギフに取り込まれなくて良かった。

これから彼女はどういう道を行くのか、とても興味があります。

できればさくらと共闘してほしいなぁ。

オルテカはこれで出演終了かな?ギフに取り込まれているからまた出そうな気もするけどどうだろう。

オルテカの過去がもっと見たかったな。

フリオ(玉置)の過去は結構しっかりやってくれたので、オルテカのも見たかった。

仮面ライダーリバイス 今回使用したアイテム

 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる