仮面ライダーリバイス27話あらすじ感想 暴走するバイス

仮面ライダーリバイス27話あらすじ感想をご紹介します。

暴走するバイス

オルテカの過去

ギフの復活が近づく

もくじ

仮面ライダーリバイス27話のあらすじ

黒羽と化し消えたカゲロウ。

大二はホーリーライブとして覚醒、デモンズに応戦する。

ホーリーライブの圧倒的な攻撃に、変身解除してしまうデモンズ(オルテカ)だった。

残されたベイル(デモンズドライバー)は「お前たちが悪魔を倒すほどギフの復活は近づく」と告げる。

そしてバイス(一輝)はジャックリバイスに変身し暴れだす。

ホーリーライブとジャンヌで、なんとかジャックリバイスを止めることができたが…

2人に平謝りするバイス自身、いつ暴れだすか分からないと不安そうだ。

こういう時に限って一輝は出てこず、2人もどうして自分たちだけこうなるのかとショックを受ける。

そんな時幸美が帰宅し、父(元太)が無事なことや、この幸せを守りたいことを話し子供たちを抱きしめる。

オルテカ。天才的な頭脳を持ち、父親に化け物とののしられ暴力を受けた過去を持つ…

「世界が俺を理解しないのなら、俺が世界を作り替える」

フェニックスに保管してあったギフの棺が人を食い、忽然と姿を消してしまった。

バイスの暴走を止めるため、拘束された一輝。

拘束したのはウィークエンドだった。

狩崎真澄は、五十嵐家に組織の目的や自らの正体を明かす。

そしてさくらは、自らウィークエンドに加入したことを話す。

オルテカは次々と人間をギフテリアンに変え、ギフに食わせていた。

ホーリーライブとジャンヌはオルテカを止めるために応戦するが、ギフに呼応したバイスがジャックリバイスとなり暴走してしまう。

ホーリーライブに攻撃する、ジャックリバイスを止めるジャンヌ。

2人がかりで攻撃しても、ジャックリバイスの暴走を止めることはできない。

狩崎は新しいバイスタンプを手にし「待っていろ」とつぶやく。

仮面ライダーリバイス27話 感想

ホーリーライブは技を出すと白い羽のエフェクトが出てとてもきれいだわーと思いながら見ていました。

カゲロウは黒い羽だし、大二が神聖なイメージなんだと思います。

今話で気づいたけれど、ホーリーライブは普段は小さい羽がついてて技を出すときに大きくなってる感じで、小さい羽はちょっとかわいい。

今話は溜め回って感じで、まとめるとこんなかんじ。

バイスの暴走

一輝・大二・幸美がウィークエンドやフェニックスの実態について知る

さくらがウィークエンドに加入していた

オルテカの過去が少し

ギフが復活間近

次回が山場、見どころになりそうです。

仮面ライダーリバイス 今回使用したアイテム

 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる