仮面ライダーリバイス24話あらすじ感想 デモンズドライバーの里帰り

仮面ライダーリバイス24話あらすじ感想をご紹介します。

ウイークエンド代表と狩崎の関係は?

デモンズドライバーの里帰り

もくじ

仮面ライダーリバイス24話のあらすじ

ギフの棺の鼓動が大きくなってきている。

狩崎は復活へのカウントダウンだと予想する。

バイスと玉置のおかげでしあわせ湯での騒動が絶えない。

特にバイスは急に暴れだすことがあり、てんやわんやだ。

大二にこってり絞られる2人。

しあわせ湯に狩崎が来訪。一輝を元に戻す方法が分かったと言う。

狩崎は元太と一緒に風呂に入り、胸の傷のことを尋ねる。

しかし、元太は傷について何も覚えていないと話す。

狩崎は元太に心臓がないことを知っており、それを探っていたのだった。

狩崎曰く、一輝とバイスが逆になったままでいると餓死するらしい。

一輝とバイスを元に戻す方法を提案する。

しかしバイスはヒロミの一件以来、狩崎を信用できずにいるため、その提案を渋る。

さくらが会ったウィークエンドの代表・狩崎真澄という男は、狩崎の父親だった。

ローリングバイスタンプを作ったのも真澄だった。

悪魔の暴走を制御できるかと思っていたけれど、うまくはいかないという。

「君たち兄弟は分かるだろう。過去から学ぶこと、それが未来を決めるのだ」と真澄は意味深な発言をする。

「ウィークエンドに参加するか否かをそろそろ決めてほしい」

牛島光にそう言われたさくらは、牛島家は本当の家族でもないくせにと答えをはぐらかす。

狩崎を拉致したオルテカは、デモンズドライバーの能力を引き出すことを狩崎に依頼。

狩崎も科学者としてそれを請け負う。

デモンズドライバーの実験台に、狩崎におびき出された一輝とバイスとさくら。

さくらはジャンヌに変身してデモンズに応戦するが、次第にデモンズの力に圧倒されていく。

一輝は「狩崎さんを信じる俺を信じてくれ」とバイスを説得。

狩崎の提案の通りに変身すると、一輝がジャックリバイスに変身することができた。

ジャックリバイスはジャンヌと共闘してデモンズに詰め寄る。

デモンズはさらにスタンプを使うが、失敗してしまう。

オルテカは変身解除して逃げ出す。

なんとかデモンズを撃退した一輝だったが、今度はバイスと合体してしまう。

一人二役を演じているようになってしまった。

オルテカは、狩崎が能力を引き上げることに失敗したと怒る。

しかし、デモンズドライバーは「俺は俺の意思で戦う。我が家に帰るとしよう」とつぶやく。

仮面ライダーリバイス24話 感想

バイスの舞妓はん姿(笑)お金を一生懸命集めている姿がかわいい。

狩崎を風呂で「じーーーっ」って監視するバイスもかわいいw

今話はバイスの可愛い姿が満載です。

しかし伏線が多すぎるよ。

大二はカゲロウの影が見え隠れしているし、さくらはウィークエンドにスカウトされているし。

狩崎も研究のためだったらデッドマンにも手を貸すし。

やはり、ウィークエンドのトップは狩崎父でした。

デッドマンかと思っていてすみません。でもまだ分からんよね。素顔を隠しているし気になる。

また、それぞれに信念があってやっているのかどうなのか、裏切り者がいるかもしれないし…ますます話の行方が気になります。

オルテカの非情なまでの悪にビビるアギレラが可愛かった!横顔可愛い!

デモンズドライバー、家に帰ったってよ。どういうこと?

仮面ライダーリバイス 今回使用したアイテム

 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる